スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク 

P1020823.jpg

場所はよく覚えてないが、湯布院に行く途中に国道すぐ横にあるカフェ。ワタクシの食べ歩き原則は〖面食い〗。とにかく外見がよければ、店に入りたくなる。このカフェはまあまあ自分の好みだからね。メニューはそんなに種類なかった。ワタシの注文したのはレディスペシャル

P1020819.jpg

P1020820.jpg

コーヒーも付いて、¥990。まぁ、安くもない高くもないかぁ。

スポンサーサイト

バリ厨房 Pulau Bali 

b0013088_1337675.jpg

別府温泉街の近くにあるバリ料理のカフェ。そろそろ昼を食べて福岡に戻ろうとしたところ、この店を見つけた。まぁ、バリ料理って、インドネシア料理だよね。玄関でメニューを見てあまり高くないし、お腹がグーとなってたので、あまり考えないで店に入った。昼はランチ2種類がある。定番のナシゴレン(バリ風焼き飯)ランチ【¥790】とナシチャンプルランチ(ボリュームのあるおかずの盛り合わせ)【¥990】。両方もコーヒーとデザート付き。

b0013088_13484215.jpg
ナシゴレンランチ(えびセンベイ付き)

b0013088_13514143.jpg
ナシチャンプルランチ(えびセンベイ付き)

香港にでもたまにインドネシア料理を食べるが、日本のと味違うなぁ。この店の料理はたぶんオリジナル?と思う。トイレ行く時にちらっと厨房を覗いて、インドネシア人らしいなシェフがいた。店員さんも愛想良い若いお兄さんの留学生(勝手に思った)。味は日本人向けに作ったかなぁ?両方のランチも美味しかった。肉の味は香港の店と似てるけど、ナシゴレンは違う。やっぱり米が違うからかなぁ。お代わりにしたいぐらいウマかった。♪~( ̄。 ̄)

豊後牛初体験 

大分の牛といえば、「豊後牛」。牛肉が大好きな白鳥麗子は今まで松坂牛と神戸牛も試したが、今日は豊後牛を楽しもうと。実はこちらについてからは、嫌でも「炭火焼き 豊後牛」の看板が目について、食べざる得ないことになった。泊まるの旅館は晩ご飯が付いてないので、夕方から湯布院市内にグルグル回って選んだ店は、「湯布院 炭焼 邦櫻(ほうおう)」
yufuinn04.jpg


昼食メニューは「ゆふいん御膳」(5250円)のほか、「極上豊後牛御膳」(4200円)、「豊後赤鶏御膳」(2625円)、「黒豚トロ焼き御膳」(同)など。いずれも季節野菜の前菜、手作り豆腐、油揚げ、かしわ汁、デザートなどが付く。夜はコースで、3150~1万500円。単品でも注文できる。店員さんのお勧めで、単品のほうが安くつく、肉の量も多くなるだって。

yufuinn01.jpg
特上豊後牛カルビ               黒豚トロ

yufuinn02.jpg
豊後赤地鶏                    赤地鶏砂ずり

yufuinn03.jpg
6種類のタレに、わさび、からし、ユズゴショウを自由に合わせて楽しめる。不意をつかれたのが、手作り油揚げのおいしさ。表面をサッとあぶり、しょうゆにタマネギやニンジンを漬け込んだ「万能ダレ」に浸す。ジュッ、ジューッ。食感と香ばしさが癖になりそう。(>_<)

豊後牛は思った通り美味しかったけど、口に入れてビックリするほど柔らかいのは黒豚トロ。本当に口で溶けそうな感じで、見た目は油こいだが、炭火焼きは余分の油が落ちていくので、ぜんぜん油を感じなかった。本当に美味しかった。はい、というわけで、ダイエット緊急中止。(-。-;)2人でこれぐらい食べて、(満腹)お勘定は¥6510。本当にセットより安くなったね。それに全店個室なので、本当にトクにした気分。♪~( ̄。 ̄)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。