fc2ブログ

杖立温泉 ひぜんや 

柳川を散策した後は鯛生金山へ寄って、夕方前には温泉旅館に到着。今回は杖立温泉 ひぜんやという老舗に泊まった。
P1170888s.jpg

P1170891s.jpg

川沿いにあるこの老舗旅館は風情があって、思ったより広かった。部屋はまあまあ広いし(熊本館)、温泉は数ヶ所があり、家族たちもすごい喜んでくれた。肝心の料理は、安い価格なのであまり期待はしなかったけど、やっぱり思った通り、しょぼい。
P1170878s.jpg

まぁ、どうせいっぱい出してくれても、喜んでくれはないだろうね。(>_<")去年の経験もあって、こういう冷たい会席料理には香港人(特に年寄り)に不向けとは分かったけど、温泉旅館に付いてる料理は大体こんな感じだし、とかいって、素泊まりで外へ食べに行こうと思っても回りは何もな~い。朝食はバイキングで、暖かいものもあったので、ふーと母が「昨夜のより食べれるものがいっぱいあるわ」と。♪~( ̄。 ̄)

原鶴温泉 喜仙 

P1170498a.jpg

せっかく浮羽まで行って、温泉に入って帰らないとはね。元々本来の目的地は原鶴温泉かもしれないね、だって出かける前はちゃんと温泉セットを用意したもん。つづら棚田へ行った後、原鶴温泉まで戻って、温泉街にうろうろして、以前に泊まったパーレンス小野屋もよかったが、今回は違うところへ入ってみよと、喜仙という家庭的なおもてなしの温泉旅館に立ち寄り湯を。原鶴温泉の中でもヌルツルが強烈な温泉らしく、玄関前には源泉が祀ってあり、横には足湯も利用できる。
P1170500a.jpg

P1170497a.jpg

さすがpH9.0の湯は肌に優しく、ツルツルの肌触りで気分良い。薄く硫黄の匂いもするが、ほとんど無色無臭の湯だった。安い入浴料(380円)なので、案の定タオルは勿論、石鹸しか置いてなくてシャープなどはなかった。立ち寄りは時間制限があるので、40分以上には利用できないが、けっこう温度の高い湯なので、すぐのぼせてしまったけど、とても良い湯だったなぁ。♪~( ̄。 ̄)

二日市温泉 博多湯 

筑紫野市にある二日市温泉は福岡近郊の温泉で、唯一温泉らしくそれなりに知名度のある温泉と言われてる。ずっと前から行ってみようとは思ったけど、何故は今に至って行かずにいる。先日Cちゃんとランチのときに、彼女の中国人友達が二日市に住んでるので、いつも安く温泉に入ってると聞いて、家に帰ってからその話を料理長に伝えたら、いきなり、二日市温泉に行ってみようかと。今日は天気がまま良いし、家で昼ごはんを食べてから出発したけど、途中に寄るところがあった。
karaoke.jpg

空港通りの近くにあるこのカラオケを通り度に入ろうと思ったけど、料理長はギターを引けても歌は歌えないので、一人で歌っても仕方ないと思ってた。でも、あまりにも安いから、今日つい福岡のカラオケを初体験。だって、50円1時間やからね。香港に居るときは唯一の娯楽で友達とカラオケでワイワイするのが大好きだったけど、この数年は行ってないなぁ。日本のカラオケは10年ぶり(^▽^;)。安いからあまり期待はしてないし、新曲はどうせ分からないからね。中文の歌も意外と多かったが、台湾のはけっこうあるけど、香港の歌手は少なかったね。一応1曲中文の歌を披露。
P1170313.jpg

P1170314.jpg

発音はちゃんとカタカナで表示されてるから便利!ここで1人ショーを1時間ノーストップ歌って、次の場所二日市へ進む。今日入ったのは歴史のある博多湯
P1170321a.jpg

P1170322a.jpg

hakatayu.jpg

最近内装工事を行ったと思われるぐらい小奇麗だった。風呂場は思った以上狭かった。ちょうど込むときに入って、シャワーを空くのに10分以上待ってたわ。でも、さすが源泉掛け流し、泉質がしっとりして、熱さもちょうど良いし、料金はなんと300円。店は駐車場が付いてないけど、すぐ近くに100/60分の駐車場があるから便利。家から車ではそんなに遠くないし、今度また行こうと。♪~( ̄。 ̄)

日帰り家出 

先日、旧暦初三(20日)、中国の暦注には【赤口】にあたり、ちなみに人と口争いが発生しやすいため、この日に親戚や友達への『拝年』(新年挨拶のための訪問)は避けてる。が、身内の口争いは避けられないなぁ♪~( ̄。 ̄)、というのは料理長とちょっと口喧嘩をしてしまった。その晩から昨日の午前中にかけて、完全に口を聞かない状態で、怒りを治まらないまま、日帰り家出をして来た。外国からお嫁に来た宿命には、実家に帰るのは無理だし、お金が余裕であればホテルにでも泊まっても良いが、そこまで大喧嘩でもないし、日帰りの家出をしたわけ。My Mixiから筑紫野に良い温泉あると教えてくれたので、ちょっと遠いと思ってたが、日帰り旅行の気分で、料理長が郵便局へ行ってる間に一人こっそりお出かけ。JRに乗って博多で鹿児島本線に乗り換え、原田駅まで。ここで温泉のシャトルバスに約15分に乗って、ようやくAmandiアマンディに到着。100%源泉の掛け流し(筑紫野温泉)で癒され、思い切って垢すりも初体験。最初は「Σ(>д<) イテッ!! 」と思ったけど、徐々に気持ち良くなって、3X年も溜まって来た垢を見たら(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!自分の体がこんなに汚いんだぁ。岩盤浴は本格的で、Puna Olaもけっこう満足してたが、ここの設備はもっとすごいなぁ。中に「岩盤浴 涼み室」という高濃度酸素発生装置からの酸素を供給してる部屋で休憩し、日頃の酸素不足を解消しゆったりとリフレッシュできるね。

家出をして数時間が立ち、夕方になっても電話がかかって来ないので、せっかく体は癒されたけど、まだ怒りが残ってるので、施設内のレストランへ向かう。1FにあるLOTUSというアジアンレストラン。先日から無性にナシゴレンを食べたかったので、ちょうど良かったわ。ここの石焼ナシゴレンはすごい美味しかった。昼はランチのセットもあるので、機会があれば是非食べてみて下さいね。

実はオーダーして料理を待ってる間に電話がやっと来た。

「どこに居るの?」

「いつ帰って来るの?」


と2つ短いメール。こんなメールをもらったら余計に腹立つだろうが(-。-;)。場所は教えてあげなかったけど、とにかく食べてから帰ると伝え、バッテリーもあまり残ってないから、用ないなら短いメールはやめてと。ゆっくり晩ご飯を食べて、さぁ、家に帰ろうとシャトルバスに乗る。博多に着いたときに、とりあえず何分着かを連絡し、駅から家までの道はすごい静かで暗いから迎えに来てもらおうと。っんて、

「ごめん、こっちも外に出てる」と返事。

仕方なく、一人で心細く家まで歩いた。家に着いた10分後ぐらい、料理長も帰って来た。何か言わないと気まずいと思って、一応、「どこへ行ってたの?」と聞いた。料理長は無言でテーブルにレシートを置いた。

餃子の王将 餃子2人前 炒飯1人前

よく見ると、筑紫野店と。もしかして、私を迎えに行こうとした???実は出かける前に、パソコンで温泉の場所を調べて、メンモ用紙で乗り換え駅とシャトルバスの時間を書いたが、そのままパソコンの横に置いて持って行くのが忘れた。(わざとじゃないよ)肝心の温泉の名前は書いてないが、駅の名前とシャトルバス時間が書いてあるので、たぶん筑紫野のどこかの温泉に行ってるだろうと分かっただって。結局すれ違ったなぁ。まぁ、本人は認めてないけど、もっと家近くにも王将があるから、そこまで行く必要はないと思うが。それと分かったら、いつまで威張っても仕方ないので、無事に仲直り。

帰ってきて、温泉のHPで分かったが、和風とバリ風の風呂があって、週単位で男女交替で利用してるらしい。私は和風のしか浸かってないので、次はバリ風の浸かってるみたいなぁ。♪~( ̄。 ̄)

那珂川温泉 清滝 

P1150787a.jpg

飲茶の後は郊外に向かって、途中でHard-offなどの中古屋さんに寄ったり、目的地の【清滝】に着いたのは4時前。この温泉を知ったきっかけは以前キャンプ場へ行く途中に看板を目に付いたから。温泉好き夫婦2人は温泉巡りが大好きで、今までもいろんなところに回ってきた。ここはいつか浸かりに行こうと思ったけど、なかなか行く機会がなくて。ちょうど今回は昼間に時間が空いてるから、市内から車で40分で行けるし、最初は日帰り入浴だけのつもりだったけど、行く前日に温泉のHPでお得のクーポンを見つかった。
ticket42.gif

上のクーポンをクリックして拡大し、プリントして温泉まで持参すればよい。なんと、入館料+鍋+ドリンク=お2人で4000円というお得のプラン。非会員の入館料は一人1200円で、鍋料理は3000円前後の値段だし、おまけにドリンクも付いてるからね。晩ご飯は別にどこも予定してなくて、昼間の飲茶でけっこう高かったから、夜は適当のつもりだったけど、このお得のプランはやっぱり見逃せないわ。

清滝は2種類の源泉があるらしく、内湯は勿論、露天の風呂もいろんなタイプがあって、とても楽しめる。詳しくはHPでご覧下さいね。温泉の後は晩ご飯までにはまだ時間があるので、休憩室でゆっくり寛ぐ。テレビを見てる間に、横から「グ~」と聞き慣れてる音が耳に入った。畳なので、料理長は寛ぎすぎで寝てしまった。周りに迷惑をかけるじゃないかなぁと心配したけど、少し向こうからはもっとうるさいイビキをかいてる。しまいに夕食の前にもう一回温泉に浸かりに行ってきた。食事処に着くと、従業員から鍋を3種類から選べてと言われ、『地鶏のすみれ鍋』、『地鶏の陶板焼き』、『地鶏のすきやき』があるので、『地鶏の陶板焼き』にした。安いから量が少ないと覚悟したけど、思ったより十分。
P1150797a.jpg

P1150803a.jpg

特製の味噌タレもとても美味しかった。雑穀米のご飯と味噌汁と漬物も付いてるので、2人も満腹を抱えて温泉に出た。本来は温泉だけ浸かって適当にファーストフードを食べる予定だったけど、事前にチェックしてよかったわ。このお得プランは12月25日まで有効らしいので、市内まで送迎バスも出てるし、今度は女同士で行きたいなぁ。♪~( ̄。 ̄)