スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鳥漢方屋 

日本来る前日、母よりすごい大きいな袋を渡され、料理長のためにも自分のためにも、たまには漢方スープ(薬膳スープ)も作ってねと。本心はあまり持って来たくなかったけど、料理長のほしそうな目差しに負け、重たいけど、一応ちゃんと持ってきた。百均でビンを買って、ひとつずつをビンにまとめると、なんかうち漢方屋をやってるみたいに。。。
P1060553.jpg

P1060554.jpg

上の写真はスープ用の材料で、上左からは「黨参」、「淮山」(中国ごぼう)、「クコノミ」、下左からは「南北杏」、「蓮子」、「干し竜眼肉」、「茨實」。下のは料理用の干しシイタケ、陳皮(干しみかん皮)、松のみとナッツ。母が神経な顔して、「この陳皮はあなたの年より長いから、良いやつよ。他人にはやらないで!とても価値が高いから」と。陳皮は古いのほうが良いらしいね。自分は漢方についてはあまり詳しくないので、持ってきてるのは殆ど一般的なもの。つまり、どのスープにも入れそうな材料。それぞれ適量入れて、肉のかたまりを入れたり、鶏(丸ごと)と一緒に2-3時間煮込んだら良いと。今までは何回か豚肉で作ったが、今回は「鶏湯」にしようかなぁと鶏ガラ1セットと鶏肉適量(鶏丸ごとのつもり)を購入。
soup.jpg

飲んだら、やっぱり「暖かい~」って感じになるね。これからは真冬を迎えるから、時々作ろうと!

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://rei9630.blog14.fc2.com/tb.php/160-9540ad0c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。