スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新成田離婚-お宅は大丈夫? 

エキサイト世界びっくりニュース、日本の熟年夫婦が直面する「新成田離婚」より、

『日本では、夫の退職記念にクルーズや海外旅行に出かけたものの、旅の終わりには離婚裁判所に向かうことになってしまう熟年夫婦がよくいるそうだ』以下省略。

何故、この記事は普通のニュースではなく、世界びっくりニュースになってるが、お分かりだろう。働きすぎと言われてる日本のサラリーマンは会社で遅くまで残業にも関わらず、上司の付き合い、接待・出張などで家に留守することが多く、他の国では想像にくい家庭光景だろう。はっきり言って、うちの料理長が普通の会社員なら結婚まで至らないかもしれないと思う。毎日遅くまで帰ってくる亭主なんか要らないからね。

さて、記事の話題に戻ろうと。今までロクに家に居らず、家族内のコミュニケーションもまったく取らないまま、いきなり何日間もいっしょに居る(旅行)と、いろんなトラブルが起こるだろうね。違う方向から見ると、新婚旅行も同じ状況だね。

では、同じカップルなのに、なぜ新婚旅行の時には大丈夫だったのに、熟婚旅行?はダメになるのだろう?

それはやっぱり「愛」が薄くなってきたのでは?新婚のときはまだラブラブで、「愛があればなんとかなる!」と思ってる人は少なくないはず。それで、長年に渡って相手のことも知り尽くし、家にいないときはなんとかなるが、毎日一緒に居るになると、我慢できなくなり、離婚に到る。ズバリ、本当はもっと早く離婚してもよかったが、離婚したら、1人でやっていくのが心配で、仕方なく「我慢」して婚生活を維持していく。

以前、テレビである「鬼嫁」の特集番組で、50代の主婦が言った。「後数年を待ってれば、主人の定年になったら離婚してやる!」「年を取った主人の下世話をしたくない!」(お互い様だろうが)などなど。何故そこまでするのが理解できない。

人は何故、結婚をするだろう。

人それぞれ、答えは違ってくるが、「愛する人と一緒に居たい」、「子供がほしい」、「安定したい」、「落ち着きたい」などいろんな理由があると思う。自分は勿論、好きな人と一緒にいたいの気持ちは大きいが、もうひとつ大きい理由は、「年が取っても隣に誰かが居るから安心」。孤独はきらいじゃないが、年が取ったらやっぱり誰かそばにいないと不安だろう。自分の場合は熟年離婚はあり得ないとほぼ断言できるだろうが、「早年離婚」のほうが心配かも。(汗)

お陰さまで人気ランキング50位内に上がりましたぁ!
o(*^▽^*)o~♪ワーイ!!アリガトデスー!!
今日も一票を★⌒(@^-゜@)v ヨロシクネ♪
banner2.gif

スポンサーサイト

Comments

こんばんは

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/を見てきました。僕もブログ挑戦してみようかな・・。また見にきますね~!

健一さん、コメントありがとうございます。
そのランキングを知らなかったですね。
また遊びに来てください。

わたしも「主人の定年になったら離婚してやる!」「年を取った主人の下世話をしたくない!」と考えたことがあるよ…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ネコちゃんへ、
まだ若いのに、なんてそこまで我慢するのぉ~
まずはお金を貯めることだよ。

秘密コメントさん、私も同じ。。。。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://rei9630.blog14.fc2.com/tb.php/209-c8bacfb6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。