スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヾ(@⌒¬⌒@)ノ酔っ払い鶏 

P1130806.jpg

今日は完全の中華晩餐でした。まず、上の写真の【酔鶏】(酔っ払い鶏)。以前、市販のタレで簡単で作る方法を記事にしたが、こちらではそのタレが売ってないので、昔友達のお母さんに教えてくれたレシピの記憶に辿りつき、なんとか作れた。難しい方法ではないが、手間かかる。皮と肉がプリプリになるため、氷水で2回もしめる。興味ある方はこちらのレシピを参考してね。結果はまあまあイケるけど、味がちょっと薄く感じる。料理用の紹興酒を使ったせいかもしれないので、酒の味も匂いも薄くしか感じられない。次はもっと良い紹興酒で漬けてみようかなぁ。

次も鶏肉を使った料理。広東語の【荷蘭豆】って知ってますか?ユニークな名前で、直訳すると、オランダ豆。来由は知らないけど、まさか、昔は本当にオランダから輸入してきた豆じゃないかなぁ。日本名は「きぬさや」。私は豆類が好きで、その中、きぬさやが一番好き。しかし、日本のきぬさやは高いね。今の時期ではスーパーで売ってるのはちいこい袋に入れて、128円(約50g)。この食材は和食ではよく飾りで使ってるが、中華では立派なおかず。肉と一緒に炒めるのが普通で、イカと炒めても美味しい。今日は鶏胸肉としめじも入れて、XO醤を使って炒めてみた。なかなか美味しい一品なので、みなさんも試してみてね。レシピはこちら
P1130785.jpg


最近は肌の調子が悪いし、季節の変わり目で喉も痛くなったり咳したりする。ゼラチンやコラーゲンを補給するため、【蘋果雪耳湯】(りんごと白きくらげのスープ)を久しぶりに作った。ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ
P1130845.jpg


人気ランキングの国際恋愛/結婚のカテゴリに入っています!
今日も一押しを★⌒(@^-゜@)v ヨロシクネ♪
banner2.gif

スポンサーサイト

Comments

酔鶏はとっても美味しそうです!!今度、私もチャレンジします。
蘋果雪耳湯も体にいいですね、これもチャレンジしてみますね。^^

kikiさん、酔鶏はまあまあ美味しかったけど、
やっぱり紹興酒の味が薄いから、料理用のじゃなくて、
普通の紹興酒を使ってみてね。

酔っ払い鳩は食べたことがありますが
お酒に弱いので 紹興酒で酔いそうでした・・・口にする以前にテーブルに運ばれてきた時点で・・・
日本酒にも料理酒があるみたいに 紹興酒の料理酒もあるんですね
薄いほうが私にはイイな・・・多分

すごくおいしそう!
私酔っ払い鶏が大好きだよ!手羽先が最も好き!
今度作ってみようと!

まえさん、あら、酒弱いの???(前にビール飲まなかったっけ?)
私も酒弱いほうだけど、この料理はやっぱり酒の匂いがないとね。
料理用の紹興酒はジャスコで買ったけど、普通より度数が低いかなぁ?

うきちゃん、お帰りなさい!
私も酔鶏が大好きなの。
香港なら「酔鶏汁」で簡単で作れるけどね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://rei9630.blog14.fc2.com/tb.php/372-f091f0a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。