スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華風蒸し魚 

P1160111.jpg

『魚料理の中に一番好きな調理方法は何ですか?』

と聞けば、日本人なら【刺身】と答えるだろうけど、香港人なら99%は【蒸し魚】と答えると思う。元々生の魚を食べない民族なので、新鮮な魚なら蒸して食べるのが一番と思ってるはず。冷凍など新鮮でない魚ならフライパンで焼いたり、油で揚げたりするけどね。私もその99%の中の一人で、蒸し魚が大好き。以前から「白鳥麗子@香港」のブログを読んでいただいた方にはすぐ分かると思うが、殆どの食事は蒸し魚は付いてる。こちらに来てから食べたいとは思うが、スーパーでは冷凍の魚しか売ってないので、今まではグリルで焼いて食べた。先日は無性に蒸し魚を食べたくて、スーパーで鯛の安売りもしてるし、1パック(2尾)を買って帰った。新鮮なものなら、そのまま蒸すだけで簡単だけど冷凍ものなので、豆豉醤を加えて蒸すことに。豆豉醤とは黒豆を蒸して発酵させた中華調味料。



作り方はとても簡単。トウチ醤大さじ1を魚の上にマンペンなくのせて、みじん切りした陳皮も加えて一緒に蒸すと、より一緒香りを楽しめる。魚の大きさによって蒸す時間が違うが、7-8分程度で良いと思う。蒸しあがった魚に刻んだ万能ネギや香菜を散らし、熱くした油大さじ1をかけ、薄口小さじ1を加えば完成。是非試して下さいね。(。・_・。)ノ

スポンサーサイト

Comments

九州は魚美味しい!イメージがあるんだけどなぁ
新鮮なものに遭遇しませんか? 
この蒸した魚 一度食べてみたいんだけど(香港で)2人くらいだと
他にも色々食べたいし、つい 断念してしまうんです。
小さいの選んでもらって いつかチャレンジしたいもんです。

まえさん、市場まで足を運んだら新鮮の買えるかもしれないけど、
スーパーじゃ普通は冷凍ものでしょうね。
香港のなら是非食べてみてね。
魚はお腹いっぱいにならないから、
2人で頼んでも大丈夫と思うよ。

ん~ スーパーとかの魚でも 冷凍じゃない方が多いよ。
日本近海で取れたものなら ほとんど冷凍にはせず流通してます。
もちろん まぐろだとか 海老とかは冷凍が多いけどね。
安い値段の真鯛なんかは 養殖ものなので安いだけで 冷凍じゃあないですよん。お正月の「睨み鯛=焼き鯛」なんかは焼いてから冷凍にしてたりします。 (家族で 小さなスーパーやってたの私)

何で冷凍魚しかないんでしょうね・・・。海が遠いところなんでしょうか? そういえば香港人の好きな白身魚は近海で取れないものが多いから冷凍が多いかもしれませんね。

そういえば、イギリスに着てから感じるのは、日本の魚は味噌とか塩とかですでに味がつけられていたり、もう切ってあったりと下降された魚が多いですよね。尾頭付きで味つけなしの新鮮な魚を買おうと思うと、なかなかないような気がします。

まえさん、スーパーの魚は冷凍じゃなかったの?
私の勘違いかなぁ?
じゃ、この鯛も冷凍品じゃないかもね。
「焼いたから冷凍した鯛」は見たことあるね。
それは香港もあるよ。

Sachiさん、イギリスなんかもっと新鮮のを見つからないかもね。
私の説明が悪かったかもしれないけど、
私の新鮮の定義は泳いでる魚をさしてるから、
香港なら簡単に買えるでしょう?
こちらでは死んでるのばかりだし、何日たったのがも分からないね。
たしかに、日本ではおろしたのばかり売ってるね。
主婦としては手間抜きで良いかも。

そうそう 香港ではピチピチと跳ねてる魚が 普通だから
日本の魚=死んでる=新鮮じゃないって思ってると思ってました。
でもね 日本では 鯛とかだと 活け締めてのかなぁ 釣ったその場で 船の上で絞めるほうが鮮度が保てるってことになってる。
漁の後で 生簀で 泳がせている魚でも お寿司屋さんや 料理屋さんの生簀にそのまま 搬入させることもあるけど、絞めてから卸すこともあります。
でね、魚の種類によって 絞めてから何時間後が1番美味しいとかいうのもあるのです。もちろん 刺身で食べる事を想定してね。
日本のスーパーだと、大手であれば 「お刺身用」「加熱用」とか必ず値札に表示してあると思うよ。
で 鯵・さば・いわし なんかだと 頭を落としてあるようなものは 新しくない。
最初は 頭付きで、お刺身・きずしにどうぞ!とか書いてあって 頭を落として 翌日は、煮魚・焼き魚にどうぞ それでも 残ったら 開きにして フライにどうぞ とか 次々と手を加えていくことが多いです。
最後は パン粉までつけたフライ用かなぁ・・
もっとも 魚を触るのが嫌な人は 多いから 初めから鍋用にぶつ切りなんてケースもありますが。
で 頭は付いていても 内臓は出してあることが多いです。内臓が付いてると、鮮度が落ちやすいから。身に血がまわる・・なかんじ。
秋刀魚とか 焼いて内臓も一緒に食べるものは そのままだけどね。
秋刀魚で もひとつ思い出した。鮮度を保つために 船で港で氷詰めにします。
発砲スチロールの箱に 氷と海水とともに。秋刀魚は これが1番鮮度を保てて、ガムテープで密閉されたスチロールケースのまま
輸送されるのだ。
冷凍は コストがかかるので ほとんどの魚は こんな感じかなぁ
漬けなくとも 氷をしきつめて ビニールを敷いて その上に魚を並べて 密閉。

で 日本の魚は 船→港→そこの漁業協同組合→各地の卸の市場(東京だと築地)→仲買の人がセリで落札→仲買のところから 小売店が仕入れ となります。そういう仕組みになってる。
そんなに 回っても 陸に上がってから 当日の午後~翌日には棚に並んでます。
大手スーパーは 独自のルートで産地直送ってのも ありますよん

いや~ 長くて失礼いたしました。だって 日本の美味しい魚も もっと食べてもらいたいんだもん!

まえさん、すごい詳しい説明、おおきに!
やっぱり私は誤解しましたね。
死んでる=新鮮でないと偏見を持ってました。
これから仰ったとおりに魚を選ぼうと!

実は私も魚料理で一番好きなのは蒸し魚です。
日本人なのに(たぶん。笑),刺身は大人になるまで食べられなかった・・・焼き魚も,食べるけど,あまり好きじゃない。やっぱり蒸したのが一番美味しいと感じるけど,日本ではなかなか美味しい蒸し魚にめぐり合えませんねぇ。 (<自分で料理すればいいんだけどね・・・苦笑)

an-anさんも蒸し魚が好きなの?
そうそう、日本の魚って、どっちが合うか分からないよね。。。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://rei9630.blog14.fc2.com/tb.php/445-b187e198

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。