スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原鶴温泉 喜仙 

P1170498a.jpg

せっかく浮羽まで行って、温泉に入って帰らないとはね。元々本来の目的地は原鶴温泉かもしれないね、だって出かける前はちゃんと温泉セットを用意したもん。つづら棚田へ行った後、原鶴温泉まで戻って、温泉街にうろうろして、以前に泊まったパーレンス小野屋もよかったが、今回は違うところへ入ってみよと、喜仙という家庭的なおもてなしの温泉旅館に立ち寄り湯を。原鶴温泉の中でもヌルツルが強烈な温泉らしく、玄関前には源泉が祀ってあり、横には足湯も利用できる。
P1170500a.jpg

P1170497a.jpg

さすがpH9.0の湯は肌に優しく、ツルツルの肌触りで気分良い。薄く硫黄の匂いもするが、ほとんど無色無臭の湯だった。安い入浴料(380円)なので、案の定タオルは勿論、石鹸しか置いてなくてシャープなどはなかった。立ち寄りは時間制限があるので、40分以上には利用できないが、けっこう温度の高い湯なので、すぐのぼせてしまったけど、とても良い湯だったなぁ。♪~( ̄。 ̄)

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://rei9630.blog14.fc2.com/tb.php/507-6810ffa2

原鶴温泉のこと

原鶴温泉のこと
  • [2007/05/15 11:28]
  • URL |
  • 旅を連想するようなページにしようと思います。 |
  • TOP ▲

原鶴温泉のことについて調べてみると

原鶴温泉のことについて調べてみると
  • [2007/06/11 15:41]
  • URL |
  • 旅を連想するようなページにしようと思います。 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。