スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯉魚門散策 

今回帰省の大きいな目的、墓参り。父の墓は私が福岡に行ってから決まったので、親不孝でながらもずっと香港に帰る機会がなくて。場所は将軍澳というところで「油塘」という駅で姉と待ち合わせして、タクシーに乗っていく。「清明節」など墓参りの日には、大勢の人が来るので道路も通行止めになり、車は上まで登れず、墓園までは徒歩で小一時間もかかるって。当日は普通の日なので、タクシーで山上まで乗り、ようやく父の居る場所へ。
P1210217s.jpg

ここは政府の墓園なので、個人経営のより安いわりにはなかなか空きがない、そのゆえ私の出国まではまだ空きがなかったので、ずっと仮の場所で線香をあげてた。ここに来るのが始めて、さすがに政府の土地で広くて眺めも良い。用事を終わらせてから、元々は姉と別行動する予定だったが、せっかく近くまで来たので、姉が「鯉魚門」でも行ってみたら?と。私はうまれも育つも香港島なので、九龍の地理があまり詳しくなく、そう言われてみればそうだよね、せっかく近いし、料理長も行ったことない、自分も20年近くは行ってないから、3人でタクシーに乗って鯉魚門へ。

香港で海鮮料理を食べると言えば、鯉魚門へ行こうというぐらい、昔からは有名。海鮮問屋のように生きた海産物を生け簀に泳がせている魚屋が並んで実は料理店がセットになっている。一時は観光客(香港人も)をぼったくりしすぎで、観光客も香港人も敬遠されてたが、さすがに営業が厳しくなって今は昔のように高過ぎのではなく、値段も少しは手頃になってきたので、また賑やかになったという。ここで海鮮料理は食べてないが、実は姉はあるものをいつもわざわざ買いに行くだって。

姉によると、ここのビーフジャッキーと干し金柑がすごい美味しいから、いつも近くに来れば絶対買いに来るだって。ついでに私たちも義父母へのお土産も買って、自分の食べる分も勿論!結局すごい買い物だった。

海鮮料理を南Y島まで食べに行くのも良いだが、船酔いで乗れない人は地下鉄「観塘」駅まで行って、そこからミニバスに乗ったら、すぐ鯉魚門へ行けるから、一応観光スポットのひとつとしてお勧めよ。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://rei9630.blog14.fc2.com/tb.php/634-57114d08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。