スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑地で初セリ「本マグロ」 香港業者落札 

東京の筑地で5日早朝、新春恒例の初セリが行われ、最高値は青森・大間産の生鮮本マグロで1匹(276キロ)607万2000円、落札者はなんと香港からの業者、【板前寿司】のオーナー。Nikkei記事より
_07gh001_-s.jpg

マグロの半分の量を東京支店に分け、残りは昨日香港に到着し、2時間で解体された後は香港内10店舗に平均分けて販売する。多くの市民はニュースを聞いて午後4時から店の前に行列ができ、3時間を待つまでも美味しいマグロを食べたいという。結局数時間で完売されたらしい、すごいなぁ、香港人。04年から進出した「板前寿司」は3年の間に10店舗に増やし、現在は東京にも出店(逆輸入?)してるぐらいビジネスを伸ばしてる。オーナーは香港人でかつて日本にて留学し寿司店で働いた経験もあり、帰国後も香港の某人気和食店で働いた。96年に「味千らーめん」の経営権利を獲得し、香港で一時日本らーめんブームを起こした張本人。味千らーめんがそこまで人気あるとは熊本に本店ある関係者たちには想像できなかっただろう。現在は「板前寿司」で和食ブームを起こし、この間香港に帰ってびっくりしたことは、日式料理(香港人が経営する日本料理)店舗の数。うちの実家の周辺は同じストリートで5店舗も!週末になると、すごい行列!やっぱり香港ではビジネスのチャンスがいっぱいよね。♪~( ̄。 ̄)

スポンサーサイト

Comments

うちの主人もこのニュースに興奮してました!

味千ラーメン、中国にもたくさんあって、長春でもみたことがあるけれど(偽物だったりして・・)、この人がやってるお店なんですね・・・!

私も知らなかったね、味千のこと。
今日のニュースで分かったの。
香港人は美味しいものを食べるのに、
いくらでも惜しくないね。

味千ラーメン 5年ほど前にシンガポールでも見ました。(経営権は、また別かもしれませんが・・・)

寿司店の逆輸入って言うのもすごいですね~

香港の人の営業力に頭が、さがりますねー

ひろりんさん、そうです、
王将餃子が中国進出と同じように、
香港人経営の寿司が東京に出店するとはね。

昨日、ワイドショーで見たよ~。
その東京の支店で大トロ・中トロ・赤身各1貫のセットが特別記念価格4500円→800円!だって~。
香港ではいくらで売られてたんだろうね(笑)

おー、ワイドショーもやってたかぁ。
香港では大トロをHK$150にしたらしいけど、
結局、このマグロは赤字覚悟で売ってるですよ。
話題を呼んだのは十分の宣伝になるからね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://rei9630.blog14.fc2.com/tb.php/645-ad7d2353

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。